外国籍の方でもキャッシングはできる

消費者金融というのは、日本には数多くあります。
しかし実は、消費者金融というものは日本独自のものではありません。
諸外国でも、消費者金融に似たようなものを設置している国は多くあります。
仮に日本人が海外で生活をしていて、外国の消費者金融のキャッシングを
利用しようと思うと、利用することはできます。
それと同じように、外国籍の人が日本の消費者金融でキャッシングを
利用しようと思えば、それは決して不可能なことではありません。

しかし、日本国籍の方と異なり、外国籍の方が消費者金融を
利用するためには、面倒な手続きがあります。
まずは、必要となる書類です。

外国人の場合は身分証明に加えて外国人登録証、在留カードなどが必要

日本国籍の方が消費者金融の申込みをするためには、
健康保険証やパスポート、もしくは運転免許証があれば大丈夫ということになります。
しかし外国籍の方の場合、それに加えて外国人登録証、
在留カードといったものが別途必要となります。

これはあくまでも身分を証明するためのものであり、
それ以外にも必要となるべきものがあります。
それは、収入を証明する書類です。
これは、一定金額以上の借入をしようとすると必要となり、
日本国籍でも外国籍でも同様に必要となります。
自営業の方でしたら確定申告の書類、サラリーマンの方でしたら
源泉徴収票などがあります。

そして肝心の審査ですが、外国籍の方は審査がきびしめとなっております。
外国籍の方が単独というよりも、日本国籍の配偶者などがいたほうが、
審査には有利となります。