借入れ額を気にせず利用できる総量規制外のキャッシング

急に現金が必要になったときにとても便利なのが消費者金融のキャッシングです。
消費者金融のキャッシングの場合、多くの業者はネット上からの
申し込みを受け付けているので、時間や場所を問わずに
いつでも申込手続きができる点が魅力となっています。

ただしいくら簡単な申込手続きだけで借入れができるからといって、
すべての人が簡単に借入れられるわけではありません。
特にすでにある程度の借入れを行なっているような人の場合、
その額によってはそれ以上の借入れを断られてしまうこともあるからです。

消費者金融でキャッシングする際には総量規制によって借入が制限される

消費者金融をはじめとする業態のことを貸金業といいますが、
このような業者の業務を規制するための法律のことを貸金業法といいます。
貸金業法には貸金業者が消費者に対して貸付のできる金額の上限を定めた
総量規制というものがあります。
総量規制では消費者の年収の3分の1までしか貸付てはならない
という決まりがあります。

総量規制は借入の合計に適用される

この決まりは個々の資金業者からの貸付ごとに決められているのではなく、
貸金業者からの貸付額を合計した金額全体に適用されています。
つまり、他の貸金業者からすでに総量規制による貸付の上限額を
借り入れている消費者の場合、たとえ他の貸金業者でキャッシングの申し込みを
行なっても新たに貸付を受けることができないのです。

銀行カードローンは総量規制の対象から外れる

しかしながら、消費者金融と同様に総量規制外でキャッシングを
受けられるものがあります。それは銀行のカードローンです。
銀行のカードローンは銀行がサービスを運営し、消費者に提供をしている
サービスであるため総量規制外となっています。

そのため、総量規制によって新たに借入れができなく困っている人でも、
銀行のカードローンであれば審査の結果によっては新しく借入れをすることができるのです。