銀行カードローンの複数申込みについて

銀行カードローンは急にお金が必要になったときなどにとても重宝する存在です。
しかし、実際に融資を受けるにあたっては利用限度額があり、
一社のカードローンだけでは必要としているだけの金額を借りられない場合もあります。

また、人によっては目的別に使い分けるといった意味合いで
複数の銀行カードローンを利用したいと考えている人もいることでしょう。
銀行カードローンを複数利用することは特に禁止されているわけではありませんが、
審査に通過する可能性が低くなってしまう可能性があります。

個人信用情報機関に記録される

銀行カードローンを申込む際には、銀行側が個人信用情報機関へ
利用希望者に関しての問い合わせをすることになります。
そのような問い合わせの事実というものは記録に残されることになり、
仮に複数の銀行カードローンへの申込みをした場合、
申込み先の銀行へその事実が知られてしまうことになります。

いくつもの銀行カードローンを申込んでいるという事実は
銀行側に対していいイメージを与えることはありません。
借入先を増やさなければならないほど
資金繰りに困っている人物とみなされてしまうからです。

審査に通過しづらくなる

その結果、多重債務の状態に陥る可能性の高い人物として
警戒されてしまうことになり、審査には通過しづらくなってしまいます。

カードローンに限らず、クレジットカードやキャッシングなどの申込みに関しても
個人信用情報機関には一定の期間、その事実が残されることになるため、
申込みをする場合にはできるだけ期間を空けることを心掛けるようにしましょう。